折り返しで乗るのは14:55大月駅発15:43河口湖駅着の富士山ビュー特急9号。
14:30大月駅に着くと、既に同じホームの向かい側に富士山ビュー特急が入線していました。
特別車両1号車(指定席)+2号・3号車(自由席)の3両で、乗車には乗車券(1,140円)+特急券(400円)が必要です。
今回予約した1号車のスイーツプランは4,000円で運賃・座席指定料金・特別料金・特別車両料金・ホテルパティシエによる特製スイーツ・ドリンク代をすべて含んでいます。
DSC02024 (写真は別ウィンドウで開きます。)
IMG_4999[1]予約のサイトを印刷すると船???


発車まで25分。
登山電車のアテンダントさんに聞くと「改札にいる係員にこの電車の切符を渡して、富士山ビュー特急の予約票を見せれば大丈夫。」と言われ、改札に。
聞いたとおり伝えると「車両のドアのところに係員がおり、ご案内いたしますので、どうぞ。」と、若いちょっと目がテンになっている駅員さんが教えてくれました。
1号車
DSC02004DSC02005DSC02021

DSC02006DSC02007座席はテーブル席とベンチ席
天井の照明も素敵です。

サービスカウンターとショーケース

2号車(自由席)
DSC02010DSC02009トイレありました。

1号車のあいだに注意書きのプレートがありました。
2号車・3号車はワゴンでの車内販売があったようです。

スイーツは季節で変わります。1月~3月予定の冬メニュー
DSC02003乗車すると席にはお重のような(重なっていないけど・・)がセットされていました。
着席すると、スイーツ・飲み物の説明があり、発車前に飲み物をお願いできて、もう食べ始めてもよいとのことで、紅茶をリクエスト。
DSC02017
・マンゴープリン
・旬果デザート(フジヤマ.ショコラ)
・パティシエ特製フルーツサンド
・季節のマカロン(ショコラベリー)

飲み物はコーヒー・紅茶・期間限定のほうじ茶などのソフトドリンクはおかわり自由。さて、何から・・・どれも美味しそうだけど、甘そう・・・
この列車は特急なので45分で河口湖駅に着いてしまう。マカロンは持ち帰りOKなので、甘くなさそうなものから。フルーツサンド:パンがふわふわ。パンと同じ厚みのクリームとフルーツ。マンゴープリン:マンゴー大好き。おいしい~ フジヤマ.ショコラ:かかっているチョコが濃厚。中はムースとベリージャム。
DSC02011飲み物は無くなりそうになると、アテンダントさんが声掛けしてくれるので、遠慮なく紅茶の次にほうじ茶をいただきました。

DSC02018あ~ やっぱりと言わないように。
甘いものは好きだけれど、ちょっとさっぱりしたものが欲しくなってしまいました。後は帰るだけだし。
ちょうど、飲み終わるころに富士急ハイランド駅通過。

「16:00 河口湖駅発のホリデー快速で帰る。既に乗車券は買ってある。」話すと、またまたアテンダントさんからの情報。
「この電車が到着すると、すでにホリデー快速は入線しているので、この電車で来てあれに乗ると切符を見せれば大丈夫。」
ここでは17分のインターバル。
最後は、富士急ホリデー快速で八王子に向かいます。
(ちょっと、自分が写りこんでしまった所があることに、いまさら気が付きました・・・)